四国海技免状センター
サイトマップ | お問い合わせ
 トップ >  有効期間の更新・失効再交付

有効期間の更新・失効再交付

海技免状有効期間の更新

現に交付を受け付けている海技免状(小型)の有効期限は5年で、更新を受けずに有効期限が満了したときは、免状が失効し、その免状で引き続き船舶職員として乗り込むことができなくなりますので、期間内に更新の手続きを行なう必要があります。

更新申請ができる期間
免状の有効期間(5年)満了前の1年間です。
(ただし外国での長期滞在者、複数免状所有者には特例があります。)

更新の要件
  更新に当たっては
第一に 一定の身体適性基準を満たしていること
第二に 次の要件のうち、いずれかひとつを満たしていることが必要です。
  (1) 登録更新講習機関の行なう更新講習を修了していること。
  (2) 必要な乗船履歴を有していること。
  (3) (2)の乗船履歴を有している者と同等以上の知識及び経験を有していると地方運輸局長が認める職務に一定期間従事していたこと。(同等業務経験の認定)
身体検査について
  身体検査基準を満たしていることの認定のため、あらかじめ一般の医療機関の医師(歯科医師は除きます。)の検査を受けるか、講習の際に登録講習機関の身体検査員による検査を受け、身体検査証明書を取得することが必要です。地方運輸局が交付した有効な身体検査第1種合格証明書又は身体検査第2種合格証明書でも受付けます。

身体障害のある方その他身体検査に関し不安のある方は、当センターまでご相談ください。

更新講習を受講希望の方
 

講習は、国土交通大臣の登録を受けた講習機関が開催するもので全国各地で行なっています。その際更新の要件となっている身体検査も併せて受検することができます。(身体検査のみの受検はできません。)また、地方運輸局等への更新申請手続きも海事代理士に依頼すると便利です。

講習は、大型免状、小型免状の別及び大型免状の場合には、航海、機関、通信の資格別に分かれていますが、いずれの講習も身体検査を含め全体で2〜3時間程度必要です。

乗船履歴により更新希望の方
 

乗船履歴は、海技免状の満了日以前5年以内に下記の期間以上所定の船舶に乗り組んだ履歴をいい、船員手帳などの書類によって明確に確認されなければなりません。

小型船舶操縦士免状をお持ちの漁業従事者の乗船履歴の証明方法については、当センターにメールまたは電話、FAXでお尋ねください。


資格別 職務 有効期間内の乗船期間
小型船舶操縦士 20トン未満船の船長として 1月以上
海技士(航海) 20トン以上船の船長又は航海士として 1年以上
海技士(機関) 20トン以上船の機関長又は機関士として 1年以上
海技士(通信)及び海技士(電子通信) 通信長又は通信士として 1年以上
(H14.2.1以降は規則改正により1年に変更)


受講申し込み必要書類等

受講申込書(ダウンロードできます。) ※ネット申し込みの場合は省略
海技免状・操縦免許証の写(運輸局に申請時には原本が必要)
写真2枚(サイズは大型3cm×3cm/小型4.5cm×3.5cm)
住民票(本籍記載のもの)

受講お申込から新しい操縦免許証がお手許へ届くまでの費用
  (受講料+身体検査料+印紙代+郵便代+諸経費の金額)
  ※運輸局への申請を当方にお任せ頂ける方の金額です。

小型船舶操縦士
更新 10,000円
失効再交付 19,700円


(有)村上猛海事事務所主催の講習(日程表のマーク)の受講料
  (受講料+身体検査料のみの金額)
  ※運輸局への申請をご自分でされる方の金額です。
  ※他の講習機関が主催する講習は下記の金額と異なります。
    (金額は主催する講習機関へお問合せ下さい。)

小型船舶操縦士 更新講習 失効再交付講習
受講料 3,150円 7,350円
身体検査料 530円 730円
合計 3,680円 8,080円
運輸局への更新申請等を海事代理士に委任する場合には、依頼する海事代理士が各自で定める報酬額が別途追加となります。


Copyright (C) 四国海技免状センター